少額から始められるシノケンのアパート経営

アパート経営には資金が必要?

アパート経営などの不動産投資では、どうしてもある程度のまとまった資金が必要になると考えられます。アパートを建設するとなると、土地も必要になりますし、建物も必要になります。一般的に住宅を購入する場合と比べると、土地も広く建物も大きなものが必要になります。ですから、どうしても費用がかかってしまうのが現実です。

しかし、一般的な住宅との違いは、それだけではなく、入居者からの家賃収入というのが見込めるのです。この収入を、ローンの返済に充てることで、高額のローンもそれほど負担なく組むことが可能になるのです。

そのためには、入居率が高いということも大切な条件となります。シノケンのアパート経営では、その入居率の高さがポイントとなっているため、少額で始めることができるそうです。もちろん、頭金0というのも可能になっているとのこと。

不動産投資のセミナーを受講してみよう

アパート経営などの不動産投資を始めたいと思っても、なかなかそういった知識を得られる機会はありません。シノケン等の不動産関連の業者では、不動産投資のセミナーなどを随時開催しています。また、不動産投資を始めるためのノウハウが詰まった資料やDVDなども、シノケンでは無料で提供しています。これらの資料やDVDを入手することで、不動産投資とはどういうものかを知る機会を得ることができるのです。
しかし、資料やDVDでは、知識は与えてくれるのですが、疑問については答えてくれることはありません。ですから、セミナー等で疑問点をしっかりと質問して理解しておくことで、不動産投資に対しての専門家の回答による知識を得ることが可能になるのではないでしょうか。
もちろん、セミナーとは別で専門家に無料で相談することも可能になっています。

シノケンとは?

シノケングループは、2020年に創業から30年を迎える不動産関連のグループ企業です。不動産関連の様々な企業がグループとなっており、本社は東京都港区浜松町と福岡市中央区天神にあり、それぞれ東京本社、福岡本社となります。

九州で創業し、事業拡張や株式交換などで子会社を増やし、現在のグループとなっています。

不動産以外では、LPガスの供給販売事業も行っているようです。また、現在はインドネシアでの不動産ファンド事業も行っており、国内だけでなく、海外へもその活動の場を拡げているようです。グループ企業となる子会社も国内だけでなく、中国、インドネシアにも子会社があります。これらは、現地の地場ゼネコンを子会社化したもののようです。

参考サイト→→→ 株式会社シノケンハーモニーのインターンシップ情報・企業情報|リクナビ2021