入居率の高いシノケンのアパート

シノケンハーモニーのマンション投資

マンション投資を行うことのできる企業は多くあります。多くの企業のなかから、どこでマンション投資をするかと考えたときに、一番はやはり入居率ということになるのではないでしょうか。

シノケンハーモニーの物件は築年数は20年を越えているものでも入居率が99パーセントとかなりの入居率となっています。これはマンション投資においては大きなメリットとなりそうです。

マンション投資においては、入居率を考えて家賃を設定し、利益を計算しています。マンション購入におけるローンの返済中に関しては、ある程度の補償は受けられるのですが、以降は入居率と家賃次第で利益が出るようになります。入居率が低くなってしまうと家賃を下げなければならなくなり、利益があまり見込めなくなってしまうのです。

本社とオフィス

シノケンハーモニーは、東京都港区浜松町に本社があります。また、オフィスは福岡、名古屋、大阪、仙台にあるため、全国レベルでの営業が可能になっています。

事業内容としては、マンション開発・販売事業、アパート開発・建築・販売事業となっており、集合住宅の建築や販売に特化した企業となっています。これは、グループ企業の一企業ということもあり、その他のグループ企業で不動産に関する様々な事業を行っているからとなります。

不動産関連の企業では、このようにグループ企業として、事業を分担しているところも多いようです。この場合のメリットとしては、全ての業務をグループ企業で分担しているため、他の企業に依頼したりすることが必要なくなります。ですから、企業間の連携がスムーズになるのです。企業間のつながりというよりは、企業内の部署間のつながりといった感じになるのです。

様々な商品

シノケンで扱われている商品にはいくつかの種類があります。
NewStndaradは、ロフト付きのスキップフロアタイプ、MeZoNaはロフト付きメゾネットタイプになります。DiiRAは3フロアタイプ、LATREは積層型のメゾネットタイプです。AVANDはロフト付きの1ルームタイプで、QUGAはロフト付きの1LDKタイプとなっています。RAiZはダブルロフト付きのスキップフロア、Duallはロフト付きの2Kとなっています。
このように商品タイプもいくつか用意されており、マンションやアパートの建設を考えている土地の土地柄に合わせた部屋を考えることも大切になります。どういった層に対しての需要がある地域なのかをしっかりと考えることが、入居率を高めるためにはとても大切になるのでしょう。
地域は限定されてしまいますが、アパート経営のためのセミナーなども随時行われているので、興味のある方は参加してみてもよいかもしれません。

少額から始められるシノケンのアパート経営

アパート経営には資金が必要?

アパート経営などの不動産投資では、どうしてもある程度のまとまった資金が必要になると考えられます。アパートを建設するとなると、土地も必要になりますし、建物も必要になります。一般的に住宅を購入する場合と比べると、土地も広く建物も大きなものが必要になります。ですから、どうしても費用がかかってしまうのが現実です。

しかし、一般的な住宅との違いは、それだけではなく、入居者からの家賃収入というのが見込めるのです。この収入を、ローンの返済に充てることで、高額のローンもそれほど負担なく組むことが可能になるのです。

そのためには、入居率が高いということも大切な条件となります。シノケンのアパート経営では、その入居率の高さがポイントとなっているため、少額で始めることができるそうです。もちろん、頭金0というのも可能になっているとのこと。

不動産投資のセミナーを受講してみよう

アパート経営などの不動産投資を始めたいと思っても、なかなかそういった知識を得られる機会はありません。シノケン等の不動産関連の業者では、不動産投資のセミナーなどを随時開催しています。また、不動産投資を始めるためのノウハウが詰まった資料やDVDなども、シノケンでは無料で提供しています。これらの資料やDVDを入手することで、不動産投資とはどういうものかを知る機会を得ることができるのです。
しかし、資料やDVDでは、知識は与えてくれるのですが、疑問については答えてくれることはありません。ですから、セミナー等で疑問点をしっかりと質問して理解しておくことで、不動産投資に対しての専門家の回答による知識を得ることが可能になるのではないでしょうか。
もちろん、セミナーとは別で専門家に無料で相談することも可能になっています。

シノケンとは?

シノケングループは、2020年に創業から30年を迎える不動産関連のグループ企業です。不動産関連の様々な企業がグループとなっており、本社は東京都港区浜松町と福岡市中央区天神にあり、それぞれ東京本社、福岡本社となります。

九州で創業し、事業拡張や株式交換などで子会社を増やし、現在のグループとなっています。

不動産以外では、LPガスの供給販売事業も行っているようです。また、現在はインドネシアでの不動産ファンド事業も行っており、国内だけでなく、海外へもその活動の場を拡げているようです。グループ企業となる子会社も国内だけでなく、中国、インドネシアにも子会社があります。これらは、現地の地場ゼネコンを子会社化したもののようです。

参考サイト→→→ 株式会社シノケンハーモニーのインターンシップ情報・企業情報|リクナビ2021

シノケンのアパート経営

初心者でもできるアパート経営

不動産投資のひとつであるアパート経営は、資金が必要になるということもあり、初心者にはなかなか敷居の高いものではないでしょうか。一般的には、所有している土地をそのままにしておくのがもったいなくて、マンションやアパートを建てるといったイメージがあります。しかし、近年は一般的なサラリーマンでもアパート経営が可能になっているのです。
土地も建物も購入しなければならないということはありますが、ローンを活用することで購入は可能になります。しかし、その返済が大変ということになるのですが、自分の住む住宅を購入するのとは異なり、アパートの場合は家賃収入が見込めます。その収入が返済額と同等であれば、返済の負担はほとんどなくなるのです。もちろん、そのためには、入居率が高い物件である必要があります。

シノケンのアパートは入居率が高い

アパートの建築において、重要となるのがその立地です。需要のない場所に物件があっても、誰も入居しないでしょう。ですから、立地の選択さえしっかりとできていれば、入居者からの家賃収入が期待できることになるでしょう。特に、近年の傾向としては、持ち家よりも賃貸に居住するといった人が多くなっています。
これは、近年の社会事情も大きく影響しており、結婚の平均年齢も年々高齢化しているということがあります。独身者が多くなるということは、実家を出た場合、賃貸物件に入居するというケースが多くなるということになるそうです。
シノケンが選定する土地は、駅から徒歩10分圏内で、コンビニエンスストアやスーパー、また、公共施設等も近隣にあるため、利便性がよく、住みたい場所となっているとのこと。

アンケートに基づいた設備を設置

また、シノケンでは、入居者にアンケートを実施し、その様々な要望を抽出しているそうです。実際に住まれている方の要望ですから、より現実的なものとなっており、その要望を新たな物件の企画に反映しているため、入居者から高い満足度が得られているようです。
洗面化粧台、バスルーム、システムキッチン等は要望をもとに、使い勝手のよいものとなっています。近年では当たり前と言えるWiFi環境の整備はもちろんのこと、温水洗浄便座やカラーモニターのついたインターフォンなど、利用者にとってありがたい設備が整っているのです。
同じ立地条件ではあれば、あとは設備や家賃で入居が決まってくるのではないでしょうか。もちろん、新築からある程度の年数が経過した物件に関しては、リノベーションなどを行うことで、ニーズに合わせることも可能になっているようです。シノケンの場合、グループ企業で工事を行うため、比較的安価で工事もできるようです。

アパートの企画に特化したシノケンプロデュース

グループ内での企業ごとの分担

シノケングループには不動産関連の様々なグループ企業があります。シノケンプロデュースもそのグループ企業のひとつであり、子会社です。事業内容はアパートの企画とマーケティングを行っており、不動産の中でもアパートに特化した企業となります。
社屋は東京都港区浜松町にあるのですが、扱っている物件に関しては、都内だけでなく、千葉、埼玉、神奈川といった首都圏に加え、福岡、名古屋、仙台、大阪、京都、神戸といった主要都市に展開しています。これは、グループ会社の一員として、不動産セールス事業のアパートの企画・マーケティングを行っているのですが、親企業の本社が東京と福岡にあり、さらには名古屋、大阪、仙台、札幌にはグループの拠点があるからということになります。
他にも不動産関連の様々な業務をそれぞれの子会社が担当する形としてグループとして一つの大きな不動産業の形態となっているようです。それぞれが、それぞれの事業に特化した形となっているのです。

アパート経営のメリット

資産運用には株式投資や投資信託、また、不動産投資といったように様々な方法があるのですが、アパート経営におけるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。一番は、安定した収入が長期間続くということではないでしょうか。アパート建築当初は、ローンの返済が必要になるのですが、安定した家賃収入が見込めれば、返済も問題はありません。当然ですが、ローンの返済額よりも家賃収入が高くなければなりません。
もちろん、そのためには、入居率が問題となってきます。しかし、シノケンプロデュースのアパートは入居率の高さが売りとなっています。これは、アパートの立地条件によるものも大きいようです。需要のある地域にアパートを建築するからこそ、高い入居率が見込めることになるのです。

ローン完済後は家賃収入がそのまま収入に

ローンの返済中には家賃収入の多くはローンの返済に充当されてしまいますが、完済後は全て収入となりますし、さらには、土地が資産として残ることになります。ローンの返済期間を考えれば、アパート経営を始めるのは早いほうがよいということになります。例えば50歳から始めて30年のローンとすると、完済は80歳ということになります。30歳で始めれば60歳で完済ということになりますから、老後の資金と考えると、30代のうちに始めておくとちょうどよいということになりそうです。
シノケンプロデュースなら、頭金0からでもアパート経営は可能になるので、老後を考えるにはよい不動産投資ということになるのかもしれません。
また、新築からある程度の年数が経過すると、リフォームやリノベーションといったことも考え、需要に合わせていくことも必要になりますが、工事はグループ会社で行われるので、比較的費用もかかりにくいようです。

事業ごとに子会社を持つシノケングループ

不動産関連のグループ企業

シノケングループは、多くの子会社を持つ不動産関連の企業です。その母体となっているのが、1990年に創業の株式会社シノハラ建設システムです。もともとアパートの企画や建築、マーケティングに特化した会社で、その事業内容を拡げるにあたり、それぞれの事業を子会社という形で運営を行っているのです。

大きな事業としては、不動産のセールス事業とサービス事業。また、ゼネコンやエネルギー事業、ライフケア事業に加えてその他の事業や海外事業があります。海外事業に関しては中国では不動産の仲介、インドネシアでは不動産の仲介に加えてファンド関連の事業も行っているようです。

もともと行っていたアパートの企画やマーケティングに関しては、現在は、シノケンプロデュースという子会社がその業務を行っているようです。

不動産投資を得意としている

シノケングループは、もともとアパートの企画等を行っていた会社ということもあり、グループとしてもアパートへの投資は得意分野となっています。現在は子会社がその業務を担っているのですが、その実績も全国賃貸住宅着工棟数が第一位となっています。それも4年連続で第一位となっているということは、それだけアパートを中心に不動産投資に力を入れているということがわかるのではないでしょうか。

なぜ、これだけの実績をあげているかということですが、初期投資が少なくてもアパート経営が可能という点があげられそうです。不動産投資等も含め、資産運用においては資産が必要となります。しかし、アパート経営であれば、その資金はローンも可能になりますし、ローンの返済が家賃収入から可能になるのです。しっかりとアパートの経営を行うことができれば、ローン返済の負担もなくなりますし、多少の利益も出てくるのです。そのため、手持ちの資金がなくても始めやすいということが実績につながっているのではないでしょうか。

アパート管理を考えるなら

近年、年金に関する不安を抱えている人も少なくありません。そのため、国の年金以外にも個人で積み立てている人も多いのではないでしょうか。不動産投資もうまく行うことができれば、老後の生活の足しにすることも可能ですし、成功していればその収入だけで生活することも可能になってくるでしょう。

建物が老朽化した場合、リノベーション等も必要になりますが、場合によっては、土地を資産として残すことも可能になるのです。

アパートやマンションといった賃貸住宅の経営に関してはシノケングループでもセミナーなどを行っていたり、個別相談も受け付けているようです。東京や福岡といったように、開催場所等は限られていますが、お近くの方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。